読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作の復帰

こんにちは。

冬から春の季節の間。

寒かったり暑かったりちょうどよかったり。

いろいろな事柄が年度末に向けて大忙し。

卒業したり、退職したり、転居したり。

そんな中で私も再度自分を見つめなおすことにしました。

 

自分は一体なにがしたいのか

 

興味のそそることは見るより聞くよりまず試す。

そんなモットーを掲げていろいろと手を出してきました。

勿論たくさんのことを知れたし後悔などしていません。

だけど全てが中途半端。

いろいろと手を出しすぎればだんだんと処理はできなくなるものです。

そしていつの間にかすべてが楽しくて逆に何が自分らしいのか、が見えなくなってきていた。

 

去年の年末、とある事柄でめっきり創作から手を引きました。

ネットは簡単だけど凄く怖くて、誤った事柄ほど広まるのはとても速い。

自分が我が子のように愛し作り上げてきたオリキャラ・ヴォッドリースを手放しました。

長く続けていたなりきりも辞め、ちゃんとした社会人に、なんて阿呆なことを考えていました。

殆ど生活の一部でありストレスの発散、精神の安定を無意識下にこなしていたと言えるのは今の話。

以前も消えたり復活したりはありました。

しかし、創作をやめよう、は初めてだったのです。

最初は清々しくこれもありなのかもしれない、と思ったり他のやりたいことに手を付けられると喜んだ物でした。

だけど歴が違ったのです。

 

趣味とは長年続けている方程とても憧れるような色をもっています。

はじめたて、というのはそんな色を目指して誰しもモチベーションを上げて取り組む物。

最初のうちは楽しいけれど段々と煮詰まってくる。

煮詰まってくると中々一歩が進まない。

これが成長、経験に繋がるとしてもモチベーションは下がるものです。

かくいう私もそのループに様々な趣味ではまりました。

そして帰ってきたのは創作。

 

結局、ヴォッドリースを極め続けてきたことが創作の経験であり自分の見出せるものなのではないかとふと我に返りました。

そしてひっそり、復活させていただきました。

以前、とても仲良くして来てくれた方々もいます。

またか、と思う方もいらっしゃいますでしょう。

それでも、これが私なのだと思ったのです。

 

こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。